熊本県建設技術センターにおける令和2年度研修会につきましては、新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、延期または中止をしてまいりました。

大変、ご不便ご迷惑をおかけしておりましたが、このたび令和2年6月16日(火)から、感染防止対策を徹底のうえ、研修を開始することといたしましたので、お知らせします。

 なお、研修内容や実施日等の開催通知については、随時ホームページ等に掲載いたしますので、よろしくお願いします。

  また、当センターでは、下記のとおり「新型コロナウイルス感染症 対策ガイドライン」と「研修会開催に向けてのセンターの対応方針」を策定いたしましたので、併せてお知らせします。

 

新型コロナウイルス感染症 対策ガイドライン

令和2年6月1日時点

令和2年度の研修実施にあたり、新型コロナウイルス感染症から受講者及び職員等の感染防止を図るため、本書のとおりガイドラインを作成しました。

受講者の皆様におかれましては、下記内容を精読のうえ御参加いただくようお願いします。

  【受講前日まで】

(1) 受講前日までに以下の事項に該当する方は、受講を御遠慮いただきます該当される方は、当センター企画研修部(0964-28-6926)に御連絡ください。

過去2週間以内に発熱や感冒症状(咳、くしゃみ、鼻水、のどの痛み等)で受診や服薬等をした方

過去2週間以内に感染拡大している地域や国への訪問歴がある方

2甬遑化鬼岼米發法同居している方に´△両評がある方

(2)緊急時連絡先を必ず、受講申込書に御記入をお願いします。なお、個人情報の取扱いについては十分注意します。

 (※緊急時連絡先は、研修会の中止や感染者発生時の連絡のみに使用します。)

【受講当日】

(1)事前に体温測定を行い、自己の体調を確認してください。

(2)研修当日時点で以下の事項に該当する方は、受講を御遠慮いただきます。 該当される方は、当センター企画研修部(0964-28-6926)に御連絡ください。

‖苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱等の強い症状のいずれかがある場合

⊂綉以外で、発熱や咳など比較的軽い風邪の症状が続いている場合。

同居している方に´△両評がある場合

(3)マスクを着用しないと受講できませんので、必ず持参してください。

(4)研修受講時は、こまめに手洗い、手指の消毒をお願いします。

(5)研修途中においても、発熱や体調不良等の症状が出た場合は、必ず当センター企画研修部へ申し出てください。

 【受講後日】

受講者の中から感染者が出た場合は、保健所などの聞き取り等に御協力をお願いします。

【その他】

(1)感染拡大や講師の体調不良等、緊急に研修を中止することがあります。

(2)今後、感染状況等変化があった場合は、受講者数等の変更もあります。

研修会開催に向けてのセンターの対応方針

令和2年6月1日時点

研修会の開催にあたり、新型コロナウイルス感染症の感染防止対策のため、主に以下の対策を実施する。

(1)「三つの密」を避ける

1)密閉空間を避ける

・「換気の悪い密閉空間」にしないため、講義の休憩時間(1時間に1回程度)等、定期的に換気を行う。

なお、入口のドアは常時開放し、併せて換気扇を回す。

2)密集場所を避ける

・受講生の間隔は、最低1m以上の距離を確保する。

・受付場所は、ビニールカーテンで遮蔽する。

・共有スペースの使用を制限する。(対面での昼食や会話の禁止)

3)密接場所を避ける

・開催にあたり募集人員を制限する。(大研修室最大59名、小研修室最大13)

 よって、定員に達した場合は、抽選とする

・「密接な場面」を創らないため、カリキュラムの内容を変更する。

・受付時は、最低1m以上の間隔を確保する。

(2)その他

・研修棟の入口には、手指の消毒液を設置する。

・机、いす等、複数の人が触れる場所は、適宜、消毒を徹底する。

・特に洗面所の水道、トイレ、ドアノブ、手すりなど不特定多数が触れる箇所についてはこまめに消毒を実施する。(休憩毎に1)

・受付時に、体温測定結果及び体調について確認を行い、未測定の場合は検温を行う。

・職員は、受付時にマスク及び手袋を着用し対応する。